間違った位置にインプラントを植えてしまうと

「間違った位置にインプラントを植えてしまう」とは、
どういった意味合いで、一体どんな不具合がでてきてしまうのか・・・?

ネジを埋入するためには、その埋めたい場所に「骨」があるかどうかが重要な鍵となってきます。
その埋める場所によって、上に被せる人工歯の形が変わってきてしまいます
ネジは、骨がたくさんある場所に「ただ埋めればいいだけ」では決してないのです。

埋入の場所が悪ければ、被せる人工歯の形がゆがんだ形になり、もう一方の歯とのかみ合わせも悪くなります
それだけでなく、食べかすも詰まりやすくなってしまうのです。

文章や写真では分かりづらい部分を、アニメーション(フラッシュ)を用いて、分かりやすく説明しています。
(▼緑の再生ボタンを押してください。)

例えば、
前歯にインプラントを埋めたいけれど、抜けてからかなりの時間が経ってしまった等、様々な理由により充分な骨が無い場合は、どうするのでしょうか? 
・・・・・骨を足すことは出来るのですか?
そういった考えが、沸き起こってくると思います。コチラのページで詳しく解説しています。

ずっと素敵な表情を保ちたい方は、無料相談をお申し込み下さい。


個別無料相談会