動画による解説

審美性が求められる前歯治療の難易度

前歯のインプラントは噛む機能性と見た目の審美性が求められ、奥歯に比べると難易度が高くなります。抜けていない前歯を保存不可能と判断し、抜いて同時に埋入する場合は、土台となる歯の根が残っていますので難易度としては軽いほうです。前歯は残っている骨の量によって難易度が異なってきます。

奥歯を無いまましておくと出っ歯なる

奥歯を無いままにしておくと、前歯に噛む力の負担がかかり、少しづつ前に出てくるように動いていきます。その結果、次第に上の前歯が出っ歯気味になってくるのです。どのようにして、どれくらい、前に出てきてしまうか、アニメーションで分かりやすく説明しています。

間違った位置にインプラントを埋入すると

埋入する位置によって、上に被せる人工歯の形が変わってきます。骨だけに合わせて間違った方向に埋めると人工歯の形にゆがみが出て噛み合せが悪く、食べかすが詰まりやすくなります。さらに、被せ歯の位置が内側に入るため舌の邪魔となり異物感が出ます。


個別無料相談会