よく読まれているページ

インプラントとは?

何百年も前から続く、歯が無い場合の一般的な治療法として、ブリッジや義歯(入れ歯)といった治療法があります。しかし、こんなに発達した近代において古代から続くブリッジや入れ歯こそ、害があるのです・・・。

奥歯が無いままにしておくと

奥歯が無いままにしておくと、なぜ、良くないのでしょうか・・・? それは、今まで奥歯で負担していた噛む力が・・・

メリット、デメリット

インプラントは、第三の歯とも言われるように、自分の歯と同じような感覚で食べ物を味わい噛み砕けますので消化を助け栄養を取る事ができ、顎の骨の減りも防止できます。
しっかり噛めることにより、お顔の老化を防ぎ若返り療法と脳を刺激して認知症になりにくいと言われています。

安全性について

手術というと、骨を削って金属のスクリューを打ち込んで・・と恐怖心をお持ちの患者様が多くいらっしゃいます。
実際にはどうなのでしょうか・・?

前歯のインプラント

インプラントの前歯治療をお考えの方へ。あなたは、きっと

口元に手をあてずに笑いたい!

ハズです。
奥歯の役割は主に噛む機能となりますが、前歯はこれとはちがい、かぶせ歯の見た目の長さも重要なポイントとなります。
そこで、

■骨の移植
■歯茎の移植

が必要となることが多いのです。その理由は・・・。

歯医者といっても・・・

特に長いお付き合いとなる治療では、
じっくりと長年のお付き合い をすることになるため、
専門開業医での施行が望まれます。

医療費控除について

見た目の改善を主な目的とする矯正治療や美容手術とちがい、
税務署への簡単な確定申告でお金がもどってきます。

すなわち、治療にかかった費用は医療費控除の対象になります。

医療費の負担を軽減するために設けられた制度で、
場合によっては治療費の半分以上が還付されるケースもあるのです・・・。

保険について

インプラント治療が2012年4月より保険適用になりました。保険適用になるのなら、是非インプラントにしたいとお思いになる方も多いのではないでしょうか。しかし・・・。

費用の相場

大体一本あたり40万円というのが相場だといわれていますが、治療は健康保険が使えないため、値段は各医院によって違ってくるようです。

なぜこの価格差は生じるのでしょうか・・・?

専門医のアドバイス

日本口腔外科学会専門医の院長がインプラント治療についてあらゆる不安や心配事にアドバイスしています。


個別無料相談会