無痛治療について

安心して治療が受けられる 当院独自の「無痛鎮静法」で行います

銀座オーラルクリニックの無痛治療は、
「無痛鎮静法」により行います。

点滴を入れ、麻酔薬をゆっくり注入し
半睡眠状態に導く方法です。

長時間リラックスして
治療を受けられる専用の個室で行います。


全身麻酔ではありません 入院の必要もありません

よく「全身麻酔ですか?」とのご質問を頂きますが、全身麻酔ではありません。
全身麻酔は、筋弛緩剤を使って自発呼吸を止めてしまいますが、「無痛鎮静法」はご自身の呼吸を保ち、ボーっとした状態になります。

全身麻酔では入院が必要になりますが、「無痛鎮静法」では少し休憩していただいてから、そのままお帰りいただけます。

また、使用する麻酔薬には「健忘作用」があり、治療中のことをほとんど覚えていないのも特長の一つといえます。

無痛治療は麻酔を使うので、専門技術を持つ歯科医師に

最近では、胃カメラなどでもこの麻酔方法が多く採用されており、医科領域では広く普及しています。

しかしながら、歯科領域では麻酔に関する専門的知識や手技を持つ歯科医師の絶対数が限られており、一部の歯科医院でしか行っていないのが現状です。  

 

歯科医師にとって「無痛鎮静法」は特別な技術であると言えます。

当院の歯科医師は、麻酔科での研修経験者であり、ご安心して「無痛鎮静法」を受けていた だけます。


「無痛鎮静法」の効果

不安や恐怖感が薄れ、精神的にリラックスした状態になります。

「健忘作用」により、処置中の内容をほとんど覚えていません。また、ほぼ眠った状態になるため、処置時間が 短く感じます。

嘔吐反射が抑制され、お口の中に器具が入ってもオエっとなりません。

治療中の音が気にならなくなります。

血圧や脈拍が安定します。

どんなときに「無痛鎮静法」を使うの?

あらゆる歯科処置にお使いいただけます。
しかしながら、処置の内容によってお選びになる患者様もいらっしゃいます。


インプラント手術(粘膜移植や骨移植なども含みます)

抜歯手術(特に親知らずの抜歯術)

抜髄処置(神経を抜く治療)

虫歯治療

歯石除去など

「無痛鎮静法」を使わないときは?

被せ歯・詰め歯が出来上がり、お口の中で咬み合わせの調整をするとき。
なぜなら、「無痛鎮静法」を行い、ボーっとした状態では、きちんとした咬み合わせを得ることができないからです。

セラミックの色合いを評価していただくとき。

仮り歯の調整をするとき。

無痛治療について 治療の流れ 治療例 料金 よくある質問 患者さまの声 当院について
ホームページから予約する 東京無痛歯科センター