ご予約・お問い合わせはこちら
 
入れ歯

入れ歯

歯を失った場合に、失った歯を補う方法として、以下の3つがあります。

入れ歯

上記のうち保険適応となるのは、1.ブリッジと2.取り外し式の入れ歯の2つです。
ここでは2.の取り外し式の入れ歯についてご説明します。

取り外し式の入れ歯

利点
  1. 保険適応が可能である。
  2. ブリッジと異なり健康な歯を削ったりする必要がない。
  3. インプラントと異なり、骨の量を勘案しなくてもよい。
欠点
  1. 粘膜で支える構造なので、噛む力に劣る。
  2. 取り外し式であり、比較的大きい装置なので違和感があることが多い。
  3. 保険適応の場合、針金を用い固定するので審美的に劣る。
  4. 失った歯の本数が多い場合、粘膜面を覆う面積も大きくなるので、その分、味覚などの感覚を感じにくくなる。

保険適応の取り外し式の入れ歯の場合で改善できない場合でも、自費診療の取り外し式の入れ歯であれば対応できることがあります。

自費診療例

1.ノンクラスプデンチャー

 金属を使用しないタイプで、審美性に優れます。
弾力性が高く薄い仕上がり。
柔軟性に優れ、破損の心配がありません。
金属アレルギーの心配がありません。

2.金属床義歯

 金属自体には優れた強度がありますので、保険義歯のレジンに比べおよそ3分の1程度の薄さで製作できます。
また設計の自由度が高く、患者様に合わせたデザイン、製作が可能となります。
例えば、様々なアタッチメントを併用することでサイズをコンパクトににしたり、針金を無くし審美性を向上させることが可能です。
加工精度も向上するため、自然な装着感が得られますし、金属は保険義歯のレジンと比較して熱の伝導率が良いため、食べ物の温度を感じやすくなり、食事が美味しく感じられます。

3.様々なアタッチメント

 併用することで、審美性や安定性の改善が可能です。
またサイズをコンパクトにする事も可能になります。
磁石を使用したものなど様々な種類があります。

4.リハビリ用義歯

悪習癖による不適応な噛み合わせを、適切な噛み合わせに戻すことで、よりよい取り外し式の入れ歯を作ることが可能です。
このリハビリ用の義歯を使用していただき、適切なかみ合わせを見つけます。


HOMEコンセプト院長・歯科医紹介院内設備料金表患者様の声アクセスご予約新着情報サイトマップ